『発達や個人差を理解し、適切なアプローチをしていくことは大切さだなと、体験談から実感しました。』

『発達や個人差を理解し、適切なアプローチをしていくことは大切さだなと、体験談から実感しました。』
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。です。

小さなうちに英語に触れた方が良い


これは多くの方がご存知な事だと思います^^

では、何故『小さなうちに触れた方がよい』と言われているのかと言いますと、「耳の問題」はもちろん、

子どもが小さいうち(特に幼児)は、物事の規則を見つける事を容易とするから


なんですよね^^

規則って、

・英文法のルール
・英語の持つ音のルール


などなど。

そう、

こちらが理屈的に覚えていっていたものを『感覚で身につけていく事が可能』なのが幼児


なのです^^

そんな子どもの特徴をフルに活かした教材が、こちらの『フォニックスのルールなしで自分の力で英語絵本が読めるようになる!文字読みスターターセット』>>>

こちらのセットをお使いの方から、

発達や個人差を理解し、適切なアプローチをしていくことの大切だなと、体験談から実感しました。

といった嬉しいメッセージが届きました^^

※掲載の許可を頂いております^^
文字読みスターターセットですが、とても良いです!

まだabcdのチャンツとfat catとシングアロングを気分で聞き流ししている段階ですが、時々娘が口ずさんでいますし、耳がさらに良くなった気がします。

字幕で映画を見ていても、「xxxx(英語のセリフ)って言ったね」ということが増えました。


別のところでphonicsについても学ぶ機会があったのですが、
いきなりフォニックスを教えてあいうえおのように「読もう!」というモードにしなくてよかったと思っています。

まだ3歳の娘には、たとえ音や振り付けを覚えることはできても、それを読みにつなげるのはまだまだ難しそうです。


5歳のお子さんがいる友人は、例えばc,a,tで、ク、ア、トゥとは言えるけど、それがcatという読みにはならない。
ここからどうしたらいいの〜??と困り果てていました。


逆に、小学1年生になった子はphonicsルールをスイスイ理解して読めるようになったそうです。
この子はミックスのお子さんというのもあるかもしれませんが、日本人幼稚園からローカル小学校に入学することになり先生方にも心配されたにも関わらず今のところ全く問題なく授業についていけているとか。

これが、発達や個人差を理解し、適切なアプローチをしていくことの大切さだなと、体験談から実感しました。

私も、我が子には焦らず英語感覚の回路づくりをしっかりやっていこうと思います。

そして次はCTP絵本シリーズの購入を検討しています^^!!


嬉しくなるメールを本当にありがとうございますm(_ _)m

こちらのお子さんが、

字幕で映画を見ていても、「xxxx(英語のセリフ)って言ったね」ということが増えました。


などと伝えてくれるようになったのは、

単に色々な単語に聞き慣れただけでなく、ライミングが多く盛り込まれた音源のかけ流しにより『音の塊』を理解できるようになってきた


からこそ^^

この『音の塊』を理解できるようになってきたら、ワードファミリーへの理解も早いので、ライミングが盛り込まれたセンテンスを読むのは容易いものになってきます。

これも『しっかり耳か文字読みの感覚を育てていったからこそ』の事。

順調な進み具合です^^

また、付属のガイドにも記載しており、そしてこちらにも「実体験」として記載がありましたが、

「フォニックスのルールを知っている≠単語が読める / 書いてある単語の意味が分かる」


といった習得の仕方でないのが、フォニックスのポイント。

「音として理解できても組合わせて読み上げる事が難しい」ようになっていくんですよね。

その一方、

ライミングは『音の塊』をより意識したアプローチなので、書かれている単語やセンテンスの意味がスッと子どもに入りやすいため、『読力』から『読解力』への移行はとってもスムーズになる


のです^^
どの方法をやっても、最終的には読めるようにはなります。

ただ、その「読めるようになる」というゴール地点まで、負荷があり過ぎる関わりであったり、時間が掛かり過ぎる関わりであったりすると、やはりもったいないです(>_<)

また、発達段階にあった取り組みではない場合、子ども期だからこそ伸びる力の伸びが鈍くなってしまう事もあります。

ですので、『子どもの発達にあった関わり』というものを大事にして欲しく思っています^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................