読売KODOMO新聞を使ってオリジナル用語集と資料集的なもの作ってます。

読売KODOMO新聞を使ってオリジナル用語集と資料集的なもの作ってます。
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

我が家では、当時年中さん(4歳9ヶ月)だった娘が「新聞」というものに興味を持った事を機に、その時から

読売KODOMO新聞


を購読しています。

それもあり、子どもの新聞購読についてのご質問等をよく頂きます^^

その中で最も多く頂くのが、

購読しても、読まないで終わる日などがありそうでもったいない気がして…

というもの。

確かに我が家も「読まずに次の新聞が来ちゃった!」なんて事、今までにありましたので分かります^^;

「新聞」って『旬な情報』を届けてくれるものなので、読み逃しちゃうと、なかなかその号に触れられなかったりしますよね^^;

そうなると勿体なく終わってしまうような感じの新聞ですが、我が家は毎号掲載されています『今週のキーワード』がとっても役立っています。

まだ娘自身には直接そこまで役立っている訳でもないのですが…^^;

毎号掲載されているワードを

・毎回切り取り
・50音毎に分け
・継ぎ足し可能なルーズリーフに貼り
・手作り用語辞典を作成


しています。

単語の頭文字毎に50音分け、知りたい語を探しやすいようにしています。

サイドに見出しも一応付けていますが…

不器用な私がしてはいけなかった感がたっぷりです(笑)

きっとこのように作った『用語辞典』は高学年になった頃に役立つかも知れないですし、もしもお受験をするとなった時にも活躍するかも…なんて思っています^^

って言っても、間違えて捨ててしまった時もありましたが^^;

他にも大手塾の四谷大塚さんが監修されている、教科毎の記事の「算数」の記事や…

「国語」の記事…

「理科」の記事や…

社会の記事も、「いつかの為に…」と切り取り溜めて『オリジナル資料集』的なものも作っています^^

本当にどれも役立つ内容や「へぇ〜!」と思う内容が多いので。

これからのこどもたちが待ち受けているのは、『考える力』。

単に「考える」だけではなく、

「読み取り考える力」も求められていく


ようになります。

一方、現実は時代的にどんどん「活字離れ」が始まっている昨今。

色々とめくっていくうちに、「あ!これも気になる!」なんて事が起き、色々と広げていきながら「活字を見る事の楽しさ」を感じ続けて欲しいなぁ…と思う今日この頃です^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................