大企業も解禁した副業/兼業 OKからみる、グローバル時代を意識したバイリンガル子育てで必要な事。

大企業も解禁した副業/兼業 OKからみる、グローバル時代を意識したバイリンガル子育てで必要な事。
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

昨日(6/13号)の『読売KODOMO新聞』にも掲載されていた、『社員の兼業OK』についての記事。

ついに、入社したら安泰と言われていた大手銀行までもが解禁をしてきましたね。

兼業や副業解禁については昨年度くらいから「2018年は副業解禁元年だ!」などと言われていますね。

因みにこの世の中の働き方の変化が起こってくることについては、もう3年以上前から私もこちらの講座を通してお伝えしています>>>

子育ては、我が子と同世代の子達の様子を見て行うのではなく、『世の中の動きを見ながら』する事が実は大きなポイントですからね。

この講座では、

これから、働き方が今までのものとガラリと音を立てて変わっていくので、今の子どもたちに求められるものも同じように変わっていくからこそ『知識』ではなく『体験』、殊の外『熱中体験』が大事です


といった角度から、今すべき関わりなどについてお伝えさせて頂いています。

因みにこの「兼業OK」を、ただ『収入源を増やしていいんだー♪』という捉え方で終わってしまってはダメですよ^^

確かにそういう事でもあるのですが、ここで大きなポイントなのが、

より『個の時代』がきている


という事にしっかりと気づく事。

講座でもお伝えしていますが、「個人事業主」がこれから更に増えていきます。

『個のパワー』を会社でも活かしていく為にも解禁された兼業/副業。

そして今まで当たり前のようにあった「終身雇用制度」ももはや崩れ、自分たちで稼がないといけない時代になっていく今。

子育てで大事なことは、本当に『個を育てる』ということになっていきます。

その為にも、

「周りの子の様子から取り組みを決める」のではなく、『目の前の我が子の様子を大事にしながら関わっていく』こと


なので、焦ることなく「我が子のペース」で向き合うことが本当の本当に大事。

今までの、「〜をやらなければ」という変な縛りも要らないですし、そもそも何を基準に設けたのか分からない「普通」にも縛られる必要もありません^^

そして『個』は与えられた机上学習からは伸ばせませんからね!

どんどん色々と体験しながら、作り上げられていくのが『個性』です。

今までだれも体験した事のない時代がくるからこそ、不安になる事もあるでしょう^^

ですが、これは裏を返せば「誰も体験をしていない」そして「●●が出来なくてはいけない」を求めなくて良い『答えなき子育て』なので、ある種「なんでもアリ」的な、捉え方によってはラッキーな子育て時代なのです。

そんな答えなき「個を育てていく」子育ての通過点に『英語』を置いて欲しいですし、自ら外に目を向けられるような個を育てていき自ら英語力を伸ばしていける子にしていって欲しいと思っています。

…とこんな風に音を立てて『個の時代』が到来しているからこそ、こちらの養成講座では『発達』にしっかり重きをおいた講座を積み重ねていくのです>>>

プレセミナーでもお伝えしましたが、ただ単に英語を使った楽しいレッスン等ができる英語講師は残念ながらもう求められなくなっていきます。

様々な「発達」を知り、そこを掛け合わせながら『個』を見れる講師が求められるようになる時代。

プレセミナーでは様々な実例を元にお伝えしていますが、これは本当に起きていく事。

今まで英語教室が求められてきた姿と違うものが求められ始めています。

そこに気付かれ、一緒にこれからの時代を生きていく子どもたちをサポートする仲間たちとチームになって、色々と変化を起こしていけたら…と思っています^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................