我が子が「英語イヤ!」と言っても、英語を第二言語として意識し始めても大丈夫!

我が子が「英語イヤ!」と言っても、英語を第二言語として意識し始めても大丈夫!
こんにちは、バイリンガル子育て専門家の林智代乃です。

こどもには英語を好きになって欲しい…」


こう思われるおうちの方は多いと思います。

英語とはこれから付き合いが長くなるものですし、何よりもこれからは避けて通れないものですものね。

ただ、この『好きになって欲しい』に着目し過ぎてしまうと、ちょっとズレが生じてくるかなぁ…と感じています。

…というのも、

日本語だって、子どもは好きだから身につけて話すわけではない


から^^

『英語』という言語もそれと同じです^^

だからこそ着目すべきは、

どうやって好きになってもらおうかと、あの手この手で『英語との距離詰め』をしていくのではなく、『どうやって距離を保っていくのか』に着目していく事がポイント


となるのです。

子どもの気持ちは受け止めて

英語との距離を縮めようとし過ぎればし過ぎるほど、子ども自身は「違和感」を感じ、拒否反応を示し始めたりもします。

違和感を感じ始めたり、日本語ブーム到来から英語を嫌がり始めたりした場合、

先ずは我が子のその気持ちを受け入れてあげる


ようにしましょう^^

ここで焦る必要は全くなく、焦って英語環境の確保をしようとすると後で大変になりますからね!

この時は先ず少し英語環境を減らしてみて、それでも拒否反応があれば潔くお休みをされると良いです。

『ママは、自分の気持ちを受け入れてくれた』


子どもにとって、この『受け入れてもらえた』という事実は何よりも大きな事です^^

自分の気持ちを受け入れてもらえた経験は、必ず「相手の気持ちを受け入れる」力にしてくれます。

そうなったら、時間が経ってからママからの出す英語に関しての「ちょっとしたきっかけ」がお子さんにとって大きなきっかけになる時が来ますよ♪

自分から英語を選び取れる力を日頃から付けてあげる

どんなに小さな頃から、当たり前のように自然と英語があるように育てていっても、子どもの成長と共に必ず、「英語」と「日本語」の違いを子どもは感じていきます。

違いを気付き始められた時は、

自ら選び取って学び始められるチャンス!


な時です。

「自ら選び取って学び始められるチャンス」は、ママが段々と手を引きサポート役に徹すれば良いので、ママにとって楽チンな時期^^

この時期の英語との距離感保ちのポイントは

・「何故英語が必要なのか」

・「将来の夢を叶える為にも英語が出来るともっと夢が広がる」


など、興味にリンク付けさせて英語の存在を伝える事です。

因みにここで、「英語にリンク付けさせても、ふーんって感じで興味がいかない…」というお子さんの反応を得ない為に大事な事がありますよ^^

それは、「日々の言葉掛け」を通して、子どもの「心持ち」「思考のくせ」を育ててあげる事です^^

そういった部分についてもこちらのオンラインカレッジでは、色々とお伝えさせて頂いています^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................