こどもは英語の必要性を感じきれないからこそ、着眼点はここなのです。

こどもは英語の必要性を感じきれないからこそ、着眼点はここなのです。
こんにちは、バイリンガル子育て専門家の林智代乃です。

英語の必要性をこども自身が感じ取り、自ら英語を身に付けていって欲しい!


…と多くのおうちの方が思われるかと思います。

確かにです^^

「バイリンガル子育て」はこどもを英語が話せるようにする事…というよりも、『自ら学び取る力を育て(それにより英語力が向上)、これからの時代に活きる子を育てる事』ですからね!

ですので、こども自身に英語の必要性を感じてもらう事はとっても大切です^^

大切ですが、

なんとなく英語が必要だという事は理解しているが、「その為に今からやろう!」と思える子の方が少数派


です^^

…というよりも、「今、十分に頑張っている!(そこに備えている!)」とさえ思っているのがこども。

こどもは具体的な「どれくらい」が分からないですし、日々成長しているこどもにとったら「きっと中学生くらいになったら、もっと出来るようになっているんだろうな!」といった感覚^^;

私自身、こどもの頃から親に「大人になったら『お勉強しておけば良かった…』って後悔するから今のうちにやっておいた方が良いよ!」とよく言われていました。

その為、それこそ「なんとなく」お勉強をした方が良いという事は理解してはいたんですよね。

はい、理解していただけです^^;

経験していないからこそ想像がつかないので、親がいうそれと自身が描くそれとでは全然スケールが違かったんですよね。

これは「英語の必要性を知って欲しい」とも同じことが言えます。

だからこそ必要なのは、

こどもに英語の必要性を感じてもらうことではなく、『物事に対して好奇心と積極性を育てる事』の方が何倍も必要


なのです。

そうする事で、当たり前ですが英語云々関係なく何事もどんどん飛びついていきます。

もちろん気力の波はあったりするものですが、各々を楽しんでいく力はあるのです^^

英語力は後からでも付けていけますが、物事に対する好奇心や積極性は後からはなかなか付けていけないです。

好奇心や積極性が育ちにくいと、「イヤだ!」という様子であったり「やりたくない!」と興味を示さなかったり…とそういった姿をどんどん見せ始めていくようになります。

そうなるとぶち当たるのが、「なかなかと伸びなくなった…」という『頭打ちに合う』という壁です。

小さなうちから英語に触れておく事はとても有利です。

有利ですが、それ以上にすべき事に目を向けていないと、その有利性をも活かせなくなるのです。

この部分は本当に「小学生以降の取り組みに大きな差を付け始める」ものとなります。

目の前のゴールに意識を置きすぎると、我が子の「好奇心・積極性」伸ばしに鈍感になり易くなってしまいます。

ですので、是非「今は何に注目すべきなのか」を考えながら、目の前のお子さんと関わられてください^^

ここでは常にその部分についてのメッセージと何をしたら良いのか…などを発信しています>>>



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................