こども哲学タイムを始めます。@バイリンガル子育てオンラインカレッジ

こども哲学タイムを始めます。@バイリンガル子育てオンラインカレッジ
こんにちは、バイリンガル子育て専門家の林智代乃です。

こちらのオンラインサロン『バイリンガル子育てオンラインカレッジ』では、夏休みに

こども哲学タイム


を取り入れてみます。

あ、もちろん『日本語で』行いますよ^^

当日はこちらのカードを使い、カードに書かれているお題を元に展開していきます。



お題となるカードには、

・おバカな赤ちゃんっていると思う?
・人間と動物はどんなところが同じ?
・木と葉っぱはお友だち?
・キリンは綺麗な眺めを楽しんでいるのかな?
・あなたの自転車は部品を全部取り替えても、まだあなたのもの?
  :


などなど、面白い質問が本当にたくさん入っています^^

この「答えのない」質問カードを通して、

・色々と思考し『思考力』を伸ばしていってもらい
・色々と思考する上で『発想力』を伸ばしていってもらい
・お友だちの考えを聞く機会を通して『聞く力』を育てていってもらい
・お友だちに自分の考えを伝える事で『発表力』『表現力』を育てていってもらい
・お友だちの発表などを受け、疑問に思った事は聞き『質問力』を伸ばしていって欲しい


なと思っています^^

そんな『哲学タイム』についてカレッジ内でお知らせをしたところ、メンバーさんからこの絵本シリーズをご紹介頂きました。



色々なテーマで展開されているこちらのシリーズ本。

我が家は娘に合いそうなこちらを図書館で借りてきました^^

単純に良かったです。

毎週1回、読み聞かせボランティアを小学校でしているのですが、その時に2年生の子たちにこのシリーズを読んでみたところ…

めちゃくちゃ反応が良かったです。

年齢が上がっていくと、ある訳もない「正しい答え」を気にし過ぎてしまったり、他のお友だちの事が気になって上手く発言できなくなりがちですが、低学年はそれがなく、思った事をどんどん聞かせてくれる!

そんな姿を目の当たりにしただけでも、

小さなうちからの積み重ねは必要だなぁ…としみじみ痛感


してしまいます。

また、『相手ありき』の発表の経験は、

英語のライティングセンスにも大きく影響


してくるものです。
詳しくはこちらをご覧くださいませ>>>

この夏もバイリンガルに育っていく『基盤』をしっかりメンバーさんと育てていきたいと思っています^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................