こどもに辞書の引き方をあえて教えず、「好奇心」「探究心」などこどもの持つ力を伸ばそう!

こどもに辞書の引き方をあえて教えず、「好奇心」「探究心」などこどもの持つ力を伸ばそう!
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

オンラインサロン『バイリンガル子育てオンラインカレッジ』では、「リクエストボックス」を設置し、そちらを通して

・月1オンラインセミナーで取り上げて欲しいテーマ

・オンラインカレッジ内で取り組んでみたいもの


などのお声を集め、リクエストにお応えさせて頂く形で行なっています。

今月の月1オンラインセミナーのテーマは、

英語辞書の使い方


といったものでしたが、これも頂きましたリクエストを元に行いました^^

「なぜ辞書を使って欲しい?」という質問を通して得た回答↑
さて、『英語辞書』ですが、誤解を恐れずにお伝えさせて頂きますと

辞書を使って調べる癖を付けさせる事を頑張ってしなくて良い


です^^

こちらでもこのように『英語辞書セット』を取り扱っていますが、そのセットを通して得て欲しいのは『英語辞書を使う習慣化を付けていく事ではない』です。

…というのも、

・こどもは『意味をイメージする力』があり、そこをまだまだ活かしていく事も大事
 (7歳以降、少しずつ確かな意味を知りたがる傾向が発達的にもありますが、まだまだイメージする力があります^^)

・「辞書を使って調べる」が辞書を使う上での本当のゴールではなく、辞書は『好奇心・探究心を伸ばす為のツール』であり、その先に「調べる癖や力」が自然と付いてくるもの


だからです。

この着眼点を少し、ほんの少しずらして考えるだけで、辞書を通して、

これから必要とされる力をぐんぐん伸ばす事もできる


のです^^

こどもに

・「辞書を引きなさい!」と言わなくても

・辞書の引き方を伝えなくても


自然と辞書を活かす力を付けていく事は可能です。

その為に必要な事は、

・辞書との距離を詰める為に、環境の1つとしておいておく

・物事に対しての好奇心・探究心を育てていく

・こどもの持つパターン認識能力・気付き力を活かす
 (だから「引き方」を特別教えない。)


事。

そうすると、辞書は面白い程に「自立心を」「アクティブラーニング力を」「プログラミング力を」「思考力を」育てていってくれるツールになります。

というのも、どれにも必要な事は、『閃き力』と「あーかな?こーかな?」と考える上でする『思考の整理(論理的思考)』だから^^

そうやって『辞書』を活かしていって欲しいのです。

なので、この『英語辞書セット』のオリジナルガイドは、「調べ方の伝え方」などではなく、『辞書をツールとして活かす方法』について記載しているのです。



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................