グローバル時代に活きるバイリンガル子育てにオススメ! 地球の日/Earth Day(アースデー) に触れたい英語絵本と英語DVD

グローバル時代に活きるバイリンガル子育てにオススメ! 地球の日/Earth Day(アースデー) に触れたい英語絵本と英語DVD
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

2030年代を意識してしていく子育てにおいて、今のこどもたちにもしっかり理解し大切にしてほしい行事の1つが、

4月22日(月)
Earth Day


です。

地球の日、Earth Day (アースデー) での
キーワードはこれ。


“Earth Day” とはその名の通り、『地球の日』。

改めて、私たちが住む『地球』について考えていく事をしたい日。

そこでのキーワードは、

大切な事は、やってみる事。
行動に起こす事。
一人ひとり、誰もがリーダーなのだ!


という事。

グローバル時代に活きるバイリンガルに育てていく上でとっても大切な姿勢です。

何も難しいことをしなくてよくて、こういったところから『主体性』を育んでいく事が大切です。

地球の日であるEarth Day にオススメの絵本たち


“Earth Day” の日にちなみ、我が家が触れた絵本は以下のラインナップ。

環境配慮への意識が生まれる英語絵本




環境問題に意識が行った時に、『自分にできる事は何か』を知り、その部分を深めていくのに良い絵本たちです^^


バイリンガル子育てで大人気、Dr.Seuss のシリーズ本とDVD/Blu-ray




とても分かりやすい形で身近な事象を取り上げ、環境問題へ意識を向け深めていける絵本になっており、環境問題を自分ごととして捉えられやすい絵本です。

大人気、Dr.Seuss の絵本です^^


そして、上記の絵本の内容とは違う内容で、『環境問題』をテーマにしたThe Lorax の映画がこちらのDVD/Blu-ray。



英語版の声優は、ザックエフロンとテイラースウィフトと豪華なメンバーなのも個人的には好きです(笑)


地球の日だから、『地球誕生』に関係ある絵本にも




こちらの絵本は、『地球の誕生』について、とっても分かりやすく触れてくれている絵本。

地球の呼び方が様々ある事の話から地球にとっての家族についてなど、「地球についてこんなにライトに分かりやすく書いてある絵本はあるかなぁ???」な感じで個人的には結構好きな絵本です^^


地球誕生から広がって『人類誕生』についての英語絵本まで




地球ができてから、どんな微生物が生まれ、それがどのように進化していったのかを描いてくれている英語絵本。

どのように『進化を遂げたのか』がとても分かりやすい絵本となっています。




こちらも上記の絵本と同じで、『進化』をテーマにしたもの。

こちらは、『全ての生き物は、魚から進化している』という形で描かれており、とても神秘的な気分にもなる内容。

絵はポップな感じで、そしてとても分かりやすく描いてくれています^^


地球環境に関しての資料的英語図鑑




今、どんな環境問題があるのかを分かりやすい絵や写真をもとに伝えてくれる資料的英語図鑑。

文字が少しだけ多めですが、眺めていても学べるほどに、とても視覚訴えてきてくれる内容です。



地球環境について自分の考えをぶつけながら
遊べるアクティビティブック




「あなたならどうする?」といった問いを元に色々とデザインしたりと考えを広げながら遊べるアクティビティブック。

とっても内容が良いアクティビティブックです。






上記のラインナップは、我が家でも実際にEarth Day の日近辺に読み倒した本でした^^

それに併せ、Michael Jackson の”Heal The World” の歌を聞いたり…。



そしてそこからMichael Jackson から『人種差別』の話に繋げてみたり…と色々な話にリレー式に繋がっていっています。



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................