『幼児でも読売KODOMO新聞を活用することができますか?』

『幼児でも読売KODOMO新聞を活用することができますか?』
こんにちは、バイリンガル子育て専門家の林智代乃です。

我が家は娘が年中さん(4歳9ヶ月)の頃から、『読売KODOMO新聞』を取り始めています。

きっかけは、大人が読む新聞に「これ、どんなお話なの?」と聞いてきたりし始めた事から。

それを機に購読し始めた読売KODOMO新聞も、今年で3年目になります。

今でも新聞が届く毎週木曜日はとっても楽しみな日!

そのため、届けば「張り切って読む!」…っと言いたいところですが、実際は、未だに自分で読み込むような姿はほぼない状態です^^;

でも、毎週毎週『しっかり眺め、そこから色々と読みとっている』という姿はあります。笑

内容を知りたい記事があれば、「読んでー!」が殆どです^^;

我が家が年中さんの頃から購読している事もあり、

幼児でも新聞を活用することはできますか?


といったご質問をよく頂きます^^

『こう使わなければいけない/こうしなければいけない』といったものは何においてもなく、その子にあったスタイルで活用すれば良いと思っています。

例えば、

・『読む』が好きな子は「読み物への興味の幅広げ」のツールとして

・『書く』を楽しみ始めた子は、「要約力伸ばし」や「自分の意見を述べる」ツールとして

・『見る』が好きな子は、挿絵から色々と読みとってみたり、どんな絵だから伝わったのかなどを話し合い「考えを述べあうツール」にしたり

・『聞く』がただただ好きな子は、話に耳を傾け、話の内容を頭の中でイメージし『聞く力』を伸ばすツールにしたり


…としていけば良いのです^^

個々のペースで個々にあった形でも、必ず結び付くものがあるもの。

「新聞=世の中を知る」や「新聞=知識を増やす」為のツールと決めず、『どう活かそうかなぁ?』と考え向き合われると、結構幼児から使えたりするものです^^

我が家は、『見る』『聞く』が絡み合いながら…、そして時に「書く」が出来る感じの付き合い方です。

その『書く』もお手伝いをする事がとっても多くありましたね^^

それが段々と(「書く」をする時は、)自分で色々と書くようになっていっています。

実にここまでのステップ、そしてそこからの伸びは緩やかです。

緩やかですが、振り返ってみても『確実に』娘なりのペースで伸びているなぁ…と感じます。

そして、新聞を購読し始めてからニュースが大好きになっています。
(ニュース番組やCNNニュースなどを見るのが大好き!)
…と、幼児期からのスタートでも確実に役立っていることを感じています^^

今回、読売KODOMO新聞さんの「夏休みガイド号(幼児版)」にちらりと掲載させて頂いております。

そちらでもコメントさせて頂いておりますが、新聞購読を通してこどもの成長を本当に感じています^^

あ!因みに!我が家はすぐに購読を開始したのではなく、1回だけ「お試し」をしてから決めました!

少し時間が取れそうな日がありそうな夏休みに、「お試し」を試されてみてもよいかもです♪

お試しに関しては、こちらからお申し込みできますよ>>>



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................