カナダ・バンクーバーのサマープログラム参加親子留学を少しだけ悩んだ話。

カナダ・バンクーバーのサマープログラム参加親子留学を少しだけ悩んだ話。
こんにちは、バイリンガル子育て専門家の林智代乃です。

ついに!

いよいよ!!

こちらの我が家もメンバーさんを追いかけバンクーバーに向かいます。

去年は純粋にいち親子として参加したので、今年もまたバンクーバーに行ける事になると全く思っていなかったのが本音です、リアルに。

…という事で、今年も娘を連れてバンクーバーに向かいます。

そして今年も娘はサマープログラムに参加します。

ですが実は、サマープログラムの受付ギリギリまで「参加させるか否か」も少し悩み、そして参加しても2週間フルに参加させるか悩んでました。

…というのも、費用が掛かるというのもありますが、

・簡単にいつでも参加できるとこども本人が思うのもイヤだなぁ…
 (それもあり、本人にカナダに行ける旨を伝えたのは7月に入ってから。)

・外でのアクティビティいっぱいのプログラムであるけれども、親子で気ままに現地を楽しむのもありかなぁ…


とも思っていたから。

ですが、やはり2週間参加を決意。
(娘は、スクールが大好きなので行きたがってはいたんです。)

その理由は、もちろん英語力を上げて欲しいからではありません^^

親子留学をして英語力が上がる事なんて、ほぼないですからね!

親子留学は世界観が更に広がるきっかけの時間。

物事の見方や見え方など、視野が変わっていくきっかけの時間。

そういった時間ですからね!

では、どういった意味合いをもっての参加なのか。

それは娘の学校生活から感じるものがあったからです。

少しだけ長くなりそうなので、続きは次の記事にて書いてみようかと思います。



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................