我が家の親子留学参加理由は、これでした!

我が家の親子留学参加理由は、これでした!
こんにちは、バイリンガル子育て専門家の林智代乃です。

バンクーバーに到着しました!

月曜日の夕方発の飛行機に乗り、現地到着は同じ月曜日の朝^^

ややタイムスリップしたような気持ちになりながら、到着日からスタートのサマープログラムに娘は意気揚々と参加しに行っています。

さて、今年もプログラムに参加させてみようと思ったきっかけは娘がある時教えてくれた言葉にありました。

Japanの学校はさ、先生がこれしなさい!あれしなさい!って、どんどん決めちゃうんだよね。

でもカナダの学校は、『これやるよ』っていうのがあっても、それを自分でどうやってやりたいかとかどれをやりたいかとかを決められるんだよね。

●●(←自分の事)は、そっちの方が楽しくていいんだよね。

でね、Japanは先生がさ、こうしないとダメ!って決めて怒ってる事が多いからなんかちょっとイヤなんだよね。

カナダでも怒られちゃう事はあるけど、Japanとは違うんだよね。

それにカナダでは、先生が先ず褒めてくれたり聞いてくれたりするんだよね…


と教えてくれたのがきっかけの1つとなったのです。

娘のいう「カナダの学校」とは、カナダの語学学校を指しており、現地校に通った訳ではありません。

でもそれでも、「教育観の違い」のような部分を感じられたのでしょうね。

もちろん、どこの場所に身を置いてもルールなどの従うべきものがあります。

ただやはり、その中での過ごし方は違うもの。

各々に良き点・補いたい点はあるので何が良い悪いはありませんが、やはり「合う環境」というものはあるもので。

小学校に入ってから、『学校・お友だち・先生・学び(授業)は大好き!』だけれども、心のどこかで思うような部分を抱えているような事が娘の中で多かった1学期。

なかなか学校に行くエンジンが掛からなかったり、ホームスクールを選ぶような時もあったり…

「今の自分」を「今もった興味」を受け止めながら、学びを楽しませてくれる場もある。


を再確認し楽しんでくれたら…と思い、実はお申込みギリギリに申込みました。

時差16時間あるので、現地到着は夜中の1時台。

ですが娘は飛行機に乗っている時から、

・「今日らスクールだよね^^」

・「今日はスクールだぁ!」



どんな2週間になるのかな?^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................