バンクーバーへの親子留学・サポート第1週目のプログラムはこんな感じでした!

バンクーバーへの親子留学・サポート第1週目のプログラムはこんな感じでした!
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

今回の

『カナダ・バンクーバーのサマープログラムにチャレンジ! in2019』を通して、こどもたちはどんなプログラムに参加してきたのか


この部分を今日は書いてみようと思います^^

先ずは、

サポート期間:1週目の様子


について書いていきたいと思います^^

この週は、

バンクーバーの観光名所を巡るアウトドア週


とあり、こどもたちは本当に色々なスポットに出かけて行きましたよ^^

【月曜日】 クライミングジムへGo!

施設スタッフからの英語での説明をしっかり聞き、色々とサポートの声を掛けてもらいながら、とにかく登りに登った初日!

普段なかなかチャレンジ出来なかった子も、頑張って登っていっていたとか^^

英語を通してだけでない『達成感』を各々感じながら過ごせた時間は、これからのプログラム参加への自信にもなっていっているようでした!

放課後の公園遊びで早速、クライミングの真似をしながら遊具に登るメンバーさんのお子さんもいた程、とっても楽しかったようです♪

【火曜日】 スタンレーパークへGo!

先ずは遊具のある公園でクラスメイトと先生たちと思いっきり遊んだこどもたち。

この時には、クラスのお友だちとだいぶ仲良くなっている子達の姿がありました^^

その後、バンクーバーのランドマークでもある『トーテムポール』を見に行ったり…

ビーチを歩いて帰り、良い感じにお洋服や靴を汚して帰ってきてくれました(笑)

【水曜日】 グランビルアイランドのウォーターパークへ

こどもたちのん大好きな水遊びをたっぷり遊んだこの日。

ウォータースライダーもあり、みんな大はしゃぎ!

カナダに来た事で、そして数日のアクティビティを過ごした事で、自分に対しての自信が付いてきたのか、我が家の娘含めウォータースライダーに初挑戦するこどもたちの姿が!

なんだか、たくましく感じる瞬間が多々あった日でした!

【木曜日】 アメリカ・カナダの巷で大人気の”Laser Tag” をしに!

海外で流行っている、レザーシューティングアクティビティ!

日本ではあまり馴染みがないので、こどもたちが行った施設が紹介している動画を貼りますね!



最初は怖がっていたこどもたちでしたが、お迎えに行くと第一声が「楽しかったー!」でした(笑)

しっかりルールを聞いて理解しないと、遊び込めないところがポイントでもありますね!

楽しそうなアクティビティ過ぎて、私も参加したかったです、リアルに(笑)

【金曜日】 ハーバーでBBQ !


この日は座学の時間をいつもよりも早めに切り上げ、みんなで近くのハーバーに行き、お昼を食べ…
※学校からは「BBQ」と言われていましたが、実際はホットドッグパーティーだったようです(笑)

ランチの後は、みんなと色々なアクティビティをして過ごした様子♪

ハンカチ落としのようなゲームをしたり、手押し車競争をしたり…

とにかくお友だちと先生との楽しい時間を過ごせたようです^^




こんな感じに毎日、楽しい事が盛りだくさんな日々。

メンバーさんと、「ある程度の体力は必須ですねー!」と話していた程、体力をかなり使う1週間でした(笑)

ちなみにいつも移動は『公共交通機関』を使ってなので、

バスを使っていったり…

電車を使って行ったり…

ボートを使って行ったり…

そして1回は、憧れの『黄色いスクールバス』にも今回は乗ったそう^^

サポート週、第1週目はそんな感じのプログラムでした^^

サポート週、2週目の様子はまた別で書いていきますね!

そして

毎日『9時〜17時』までこどもたちが楽しんでいる間、ママたちはどうしているの?


といった1番多いご質問に関しても追って書いていきますね!



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................