英語力だけでなく心も育つ、おうち英語にオススメのクリスマス英語絵本

英語力だけでなく心も育つ、おうち英語にオススメのクリスマス英語絵本
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

クリスマスシーズンが近付いてくると、やはりクリスマス関係の絵本が気になるもの。

去年は、『グリンチ(The Grinch)』の映画が公開された年だったので、それに合わせ絵本を購入しました。



今年は、ずっと(Amazonのカート内で。笑)温めていた絵本を渡しました^^

1897年の有名な出来事を描いた絵本 “Yes,Virginia”
(「サンタクロースっているんでしょうか?」)


今年渡した絵本は、”Yes, Virginia” 。

有名な1897年の出来事、サンタクロースがいるかどうかをたずねた8歳の子どもに対する記者の返答について描かれた絵本。

小学生になったタイミングに…と満を持して渡した絵本です^^



まぁ、当の本人は「いるかどうか疑問に思った事ないけれど?」な反応でしたけどね。

「サンタクロースっているのでしょうか?」の
英語絵本レベルはどんな感じ?


絵本の内容的には少し…いや、結構難しめ。

8歳のバージニアにお返事を書いたとはいえ、書いた人は『新聞記者』さん。

回答を載せたのは『社説』。

また、「いる」と伝えてくれているが、

決して誤魔化したような内容ではなく、大人にも響く内容のもの


という事もあり、最初は英文内容も出てくる単語も難しく感じ易いです。

何度も何度も読んでいくうちに、少しずつ入っていくようなイメージでしょうか^^

ただ、このお話そのもの自体が『何度も読み重ねながら受け取っていきたいもの』なので、毎年読み聞かせながら少しずつ伝わっていくと良いなぁ…といった感じで我が家は読んでいます。

こどもへの『心育』のツールの1つとしても触れたい
クリスマス英語絵本


この絵本のストーリー(8歳のヴァージニアへの記者からの返信)には、

・人生で最も大切なことは、信じること、信じ合うこと、愛し合うこと、助け合うこと、許し合うこと

・本当に素晴らしいものは目に見えない


というメッセージが込められたものになっています。

これはまさにこどもに伝えていきたいもの!

いや、子どもだけではなく、大人も折に触れて改めて考えていきたい内容のメッセージ。

実際に、このお話を『バイブル』とされていらっしゃる方、そして『毎年この時期に決まって読む』という大人の方も少なくないんですよね。

私自身、このお話に学生の時に出会ったのですが、「いつかこどもが生まれて、その子どもが小学生くらいになったら、絶対伝えたい!」って思っていました。

それくらい届くものがあるので是非、心温まるこの絵本に触れる機会を!

…って、思ってしまいます^^

そして私は、「やっぱり日本語版も欲しいなぁ…」ってなっています^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................