こどもの個性を活かし、主体性を伸ばしながらグローバル時代に活きるバイリンガルに育てるおうち英語の方法をお届け!

こどもの個性を活かし、主体性を伸ばしながらグローバル時代に活きるバイリンガルに育てるおうち英語の方法をお届け!
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

こどもの個性を活かし、主体性を伸ばしながら『英語力』だけでなく本当の意味での『賢さ』や『人間力』をつけていく上で必要な事知りたい!


という方にメールをお届けしています^^

教科として触れないからこそできる
グローバルに活きるバイリンガルを育てるおうち英語


これからの時代、英語は必要!
だからこそ、できることなら子どもをバイリンガルに育てたい!
でも、子どもに英語を身に付けさせるって難しいだろうな…

我が子をバイリンガルにするには、英語に力を入れてやっていかないといけないのかなぁ…

親が英語が苦手だと、我が子を英語ができる子は育てられないんだろうなぁ…

英語の必要性は分かるけれど、他にも伸ばしていきたいものもある。
各々にうまく働きかけながら関わる方法はないのだろうか。

と思われる方も少なくないと思います。

これ、実は英語を「教科」の1つとして触れてきた大人だけの発想なんですよね。

「教科」として、そして「学習」として触れていく英語ではなく、

こどもの発達や個性を活かし触れていき、ツールとして『英語』に触れていけば、英語を習得していく事は難しい事ではない


のです^^

英語習得において大事な事は、

・言語習得理論
・認知発達
・発達心理
・脳科学
・こどもの持つ特性(個性)


を掛け合わせていく事。

上記のどれもを活かすからこそ英語習得ができるのです。

そしてそれだけでなく、

各々の因子を組み合わせるからこそ、英語習得は英語(の取り組み)だけが英語力向上につながる訳ではない


のです^^

英語(の取り組み)だけでなく、

・日本語での時間
・他教科学習時間
・遊び時間
・興味関心/好きに向き合う時間
・運動時間


が、英語力向上に一役も二役もかってくれるのです。

そして、どれをも意識して過ごすからこそ英語が一時的なものではなく、本人の中にしっかり刻まれる情報となっていくのです。

おうち英語なバイリンガル子育てで大事なことは
時代の流れ等を意識する事。


『英語が話せればよい』という時代は、とっくに終わりを迎えていますね。

そこから『英語で何を話すのか』が求められる時代になり、今は

英語は『個』表すツールの1つでしかなくなっている


のが実情です。

今の時点でも「ポケトーク」や「Google翻訳」などのような『翻訳機』が存在しています。

今のこどもたちが大人になる頃には、それらの性能はとてもよくなっていくでしょう^^

それでも、『英語習得をしていった方が良い』という理由は、『翻訳機では伝えられないものがあるから』ですよね^^

その

『翻訳機では伝えられない事』を支えるのは、『個性・特性』だからこそ、『個性・特性を伸ばしながら』の英語習得はこれからの時代においても本当に大事


なのです^^

では、

『個性・特性を伸ばしながら英語習得していく上で大切な事は?』といったらば、『認知発達/発達心理/脳科学』を活かしながら、『日本語での時間/他教科学習時間/遊び時間/興味関心/好きに向き合う時間/運動時間』を思いっきり楽しんで過ごす事


なのです^^

そんな関わりや方法についてをお届けするメールマガジン

2030年代を意識されたグローバル時代に活きる子を育てるおうち英語なバイリンガル子育てをされたい方は是非、こちらからご登録下さいませ>>>




※別でLINE アカウントもあります☺︎
 ご興味お持ちくださった方はこちらも併せて是非♪
 LINEへのご登録はこちらから>>>



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................