滑車の原理を用いた、理科的な鯉のぼり製作遊び

滑車の原理を用いた、理科的な鯉のぼり製作遊び
こんにちは、バイリンガル子育て専門家の林智代乃です。

毎年恒例の【鯉のぼり製作】。

1年生(6歳9ヶ月)の今年作った鯉のぼりは、

滑車の仕組みを活かした鯉のぼり


滑車部分に注目がいってしまっている今回、鯉のぼりのお絵描きがかなり雑な仕上がり^^;

ですが、「絵の具を使いたい!」ということで一応、絵の具は使いました(笑)

今回、「色を混ぜる」事にばかり気がいっていたので、こちらのアクティビティブックにあるページに触れてから…



色々と色を混ぜて、模様付け(?)をし…仕上げていきました。

その後、「滑車」の一部となる車輪部分の製作。

使わないCDにトイレットペーパーの芯をグルーガンで貼り付け…

それを2つ作りました。

大人からすると一見、「くっつけるだけ」で簡単な作業も、子どもにとったら「どうやったら上手につけられるかなぁ…」と結構『試行錯誤する』機会。

いっぱい小さな失敗をしながらくっ付けていました^^

今回、「滑車の仕組み」はこの本を見て参考にしながら作っていきました。



この本は、「子ども向け」には一応作られていますが、仕組みの説明をしてくれている本で、字は結構多めです。

上記の本を参考に、「上に登っていく鯉のぼり」をバッチリ作ることができました!

途中お絵描きに飽きた娘は、鯉のぼりを片面しか作らなかったですけどね!笑

「構造」や「仕組み」に触れることは、能力を育てるというよりも『興味を育てる』という時間。

「じゃあ、これはどういった仕組みになっているんだろう?」と興味を持つきっかけ時間となり、そのきっかけが「こうなっているのかな?」と

予測立てる


時間ともなります。

『予測だて』『予想立て』する時間は

自分が持っている情報の引き出しを開けながら仮説を立てていく


作業時間となり、とても大切!

これも『英語のアウトプット力』にも繋がっていきますからね!

その辺も意識して、ものづくりなどして遊ばれてみてくださいね!



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................