英語のかけ流しは、サイトワード(sight words) を覚える時にも役立つのです。

英語のかけ流しは、サイトワード(sight words) を覚える時にも役立つのです。
こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

子どもの持つ脳の働きを上手に活かした方法として、文字読みの取り組みのスタート教材として大好評の『フォニックスのルールなしで自分の力で英語絵本が読めるようになる!文字読みスターターセット』。

そんな文字読み教材を進めていると出てくるのが、サイトワードに関するお悩み。

ユーザーさんからも、

サイトワードをどんどん覚えていく方法はありますか?


サイトワードの読みが定着しているか疑問です…


といったご相談の声を頂く事があります。

サイトワードは覚えさせようとする必要はなく、本当に『何度も目にしながら覚えていく』事がポイントです。

ただ、

サイトワードを吸収しやすくするポイント


はあります^^

サイトワードを自分のものとして吸収しやすくする上でとっても役立つのは、やっぱり

『かけ流し』


です。

特に、「読めた!」と達成感を得やすいという面で考えると

CTP英語絵本セットのように、『一文が短く』『繰り返しが多い』という「簡単め」なものがベスト


ですね!

ここでの更なるポイントは、『聞き慣れている』という事。

聴き慣れている語があると、

単語(サイトワード)の読みを推測できるので負担なく子どもの中に読みが浸透していく


からですね!

「聴き慣れているもの」があるかないかでは、読めるようになる単語が増えていくペースが全然違う事を実体験からも感じています。

「読み方を覚える」からではなく「聴いた事がある」という『耳』からのアプローチからが効くのも、

人は耳の記憶の方が質がとても高いから


こそ、直ぐに「思い出して」「リンク」させる事ができるからなのです。

また、

『入れた記憶を呼び起こし読み進める」というこの作業自体が『アウトプット力』を上げてくれる


ので、「英語を習得しやすい回路作り」という面においても効果的な取り組み方法ですし、そこで推測して読んだワードへの定着も深くなるのです^^

ですので、『英語情報の軸作り』としてお子さんが小さな頃から使って頂けるこちらのCTP英語絵本って、実はその後にもとても大きな大きな役割を果たしてくれるものなのです。 CTP英語絵本セットは、こんな風に長く役立つものなので侮る事なかれの教材。 だからこそ、バイリンガル子育てのスタート教材としてとってもおすすめなのです^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................