こどもの発達と個性を活かし、おうち英語でグローバル力を育てるバイリンガル子育て

こどもの発達と個性を活かし、
おうち英語でグローバル力を育てる
バイリンガル子育てを楽しみませんか?

時代は『個』の時代に益々突入し、「その子らしさ」を表す『個』が子育てでもとても大切になってきます。

「何を学んだのか」ではなく「どう学んだのか」の時代であるこれからは、英語も例外ではありません。

英語も『どう(英語を)身につけたのか』が鍵になり、『個を表すツールとしての英語』となっていきます。

また、言語習得理論だけを活かしたバイリンガル子育てでは時に「詰め込み」のようなバイリンガル子育てになってしまいます。

実は、『バイリンガル子育てって、とても立体的な子育て』です。

言語習得理論だけに則るのではなく、

・言語習得理論
・認知発達
・発達心理
・脳科学
・こどもの特性


各々を活かして取り組む事がポイントになっていきます。


そうする事で、より『自分のものとして英語を習得していけ』、『自分らしさを活かした英語習得』になっていくんですね。

また、発達は各々絡みあっているので、『英語力は英語(の取り組み)だけでしか上げられない』という事はないのです。

『日本語での時間』『好きや興味関心に向き合う時間』『遊ぶ時間』『運動時間』、これらどれもが英語力向上に一役も二役も買ってくれるのです。


こどもがこどもらしく、そして自分の持っている力を活かし楽しみながら英語を習得していくサポートをおうちの方も楽しみながらして欲しい


そんな思いと関わり方についてお届けしています。