『小学校入学後、バイリンガル子育ての取り組みなどをどう変化させるのか伺ってみたいです!』

『小学校入学後、バイリンガル子育ての取り組みなどをどう変化させるのか伺ってみたいです!』
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

遂に迎えた入学式!

あいにくの雨と寒さでかなり、「えーん(涙)」な感じでしたが…

ワクワクした気持ちになりながら、入学式に参加してきました。
「もう小学生か…」という寂しさも感じながら…笑

さて、我が家の娘が入学を控えた頃に、意外と多くの方から頂いたお声の1つが、

幼稚園時代と小学校時代では、取り組みなどをどう変化させるのか伺ってみたいです!

といったもの^^

本当に多くの方から頂いたお声でした!

これに関してですが、

特に、幼児期も小学生になった児童期も変化をつけるつもりはない


のが私からの回答となります^^

私の考えとして、

英語の取り組みはじめ『学習』は、幼児期に培ってきた、物事に対する『基本姿勢(心持ち)』を更にしっかり図太いものにしていった先に『自ずと付いてくるもの』で、それこそが子どもにとって『本当の力になるもの』

といった考えです。

ですので、特にこちらから

・引っ張っていく事も
・与える事も
・学習を段取る事も


していく予定はありません^^

子ども自身に『学びとる力』を育て、『自分で物事を掴み取る』という姿勢育てをそのまま実行していく形です^^

そういったスタンスなので、これから始まる『学校生活』へは、

『学校』という場やこれから付き合いが始まる『宿題』などの色々を、
我が子を「バイリンガルに」そして我が子の「グローバル力」を育てていく上で
『どう活用していこうか』という気持ちのワクワクでいっぱい


です^^

また、「公立校」なので、『地域コミュニティ』をとても感じられる機会。
幼稚園時代では感じられないそれが小学校にはありますよね!

『社会の縮図』を本当に感じられる機会ですので、この『地域コミュニティ』が感じられるこの機会も多いに活用し関わっていこうとワクワクしています^^

とは言え、これから学校生活が始まってくると、「もう少し、●●だと良いのに…」と思う事など色々な出来事が出てくるかも知れません。

どんな小学校生活を送り、どんな風に成長をしていくのか未知ではありますが、基本の子育て軸は変えず、関わっていくつもりです^^

これからも小学校生活を通しての我が家の出来事を、こちらを通してお伝えさせて頂きますね!


.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................