外国人スタッフたちと行く体験学習 @埼玉川の博物館 !

外国人スタッフたちと行く体験学習 @埼玉川の博物館 !
こんにちは、バイリンガル子育て専門家の林智代乃です。

多くの方々が楽しみにして下さっている外国人スタッフたちと過ごすイベント

外国人スタッフと一緒に出発!英語でも体験できる学びイベント

9月22日(日)


を開催します。

こちらは以前開催した「英語でかけっこ教室」の風景
今回の行き先は、

埼玉にある『埼玉県立 川の博物館』


です^^

川の博物館さんHPより:https://www.river-museum.jp/facility/
集合場所は『東京駅』!

保護者の方に元気よく「行ってきます!」をしたら、バスに乗って目的地に向かい、現地でほぼ1日過ごすようなプランです^^

川の博物館さんには、

水の科学的性質(流力・浮力・圧力・抵抗)や、治水・利水の学習ができるウォーターアスレチック施設


があり、こどもたちは夢中になって楽しみながら過ごす事でしょう^^

ここで思いっきり体を使って、そして英語サポートも受けながら『水』について色々と学び深めていってもらおうと思っています。

もちろん、外だけでなく施設内にある学びポイントにも行きますよ^^

この日は、

東京駅を朝9時に出発し、18時着を予定し東京駅に戻ってくる


といった流れですので、7時間程は現地に滞在している形となります^^

故に遊び足りず、学び足りずな状態では帰宅してこない滞在時間!

おうちの方と離れてスタッフたちと子どもたちとで過ごす時間には、親子共にお互いに不安があるものかも知れません^^

ですが、

新しく出会うお友だちたちとコミュニケーションを取りながら1日を過ごす時間は、必ず子どもが逞しく育っていってくれる時間


になりますので、ワクワクした気持ちで送り出していって欲しいと思います^^

1日の流れのイメージは下記のような感じです。
上記にも記載がございますが、当日の天候や混雑状況によりプログラム内容が変更する事もございますので、ご了承くださいませ!

英会話教室で講師をしているスタッフが、今回のイベントに同行致します。

たくさんスタッフたちと

・発見
・気付き
・学び


を得ながら楽しんで過ごして欲しいです^^

また、ご参加特典として、こちらのイベントにご参加下さったお子さんたちには、こちらを1冊ずつプレゼントさせて頂きます^^

せっかくの機会ですので、学び体験を更なる学びに繋げていって頂けましたらと思います^^

さて、今回はバス利用で向かうイベントですので定員がございます。
(今までは増枠などありましたが。)

その為、参加権は『早い者勝ち』となりますので、ご注意くださいませm(_ _)m

それでは詳細です。

【日時】
9月22日(日)
8:45 集合・受付開始
9:00 出発
18:00 解散
(予定)

【集合・解散場所】
東京駅丸の内ビル前



【体験施設場所】
埼玉県立川の博物館

【交通機関】
貸切り観光バス

【対象】
保護者の方と離れて過ごす事ができる年中さん以上〜

【定員】
20名

【ご参加費用】
15,000円

※ご参加の確定はお振込みの確認が出来次第となります。

【持ち物】
お弁当

※その他、持ち物等に関しましては出発日が近づきましたらお送りさせて頂きます。

【キャンセルポリシー】
●取り消し日(出発日を含まず)●
14日前〜7日前  ご参加費用の20%
 8日前〜3日前  ご参加費用の30%
 2日前〜前日   ご参加費用の50%
 当日       ご参加費用の100%
となります。
ご了承くださいませ。
※ご参加取り消しの場合、取り消し料・振込手数料を差し引いた金額にて払い戻しをさせて頂きます。


ご参加お申し込みはこちらから>>>

外国人スタッフたちと子どもたちで思いっきり楽しい時間を過ごし、たくましく成長していきたいお友だち、待ってます^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................