ホームステイ先で大活躍!親子留学などの渡航時にオススメのアイテム。

ホームステイ先で大活躍!親子留学などの渡航時にオススメのアイテム。
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

ホームステイ先での過ごし方は、どんな感じかきになるものですよね^^

ホームステイ先での過ごし方ですが、お世話になるご家庭の「家族構成」や「生活スタイル」によってとても変わってきます。

例えば、

・割と大きなお子さんがいらっしゃるご家庭なのか
・ホストファミリーのお仕事形態はどんな感じなのか
・近くに親戚がいらっしゃるご家庭なのか
 (そうなると人の出入りが多い…とか)


などなど…。

今回我が家がお世話になったご家庭の様子についてはこちらに記載していますが、割と小さい(?)お子さんがいらっしゃるご家庭だったからこその交流がありました。

ホストマザーも「折角の機会なのだから交流する時間をなるべく設けよう」として下さる方だったので、11歳のお嬢さんと関わる機会がそれなりにとれた娘です^^

お絵描き遊びが入り口

ステイ先の娘さんが「お絵描き上手」という事で、ママさんが「お絵描きを教えてあげたら?」と提案して下さったところから始まったお絵描き遊び。

娘は、「お姉さんと遊びたい!」という気持ちがもの凄くあったのに、実際に「遊ぶ」となると人見知りさんとあって、ドキドキ(笑)

お姉さんが色々と質問してくれたので答える事があったけれど、「緊張から殆ど喋らない」か返しても「単語レベル」^^;

この日は、ものすごーく静かなお絵描き遊びタイムでした(笑)

でも地味に娘なりの主張や伝えたい事を「絵」や「字」にして表していたりして、小さいけれど彼女なりのコミュニケーションを図っているのを感じました^^

やっぱり折り紙タイム!

出発前に11歳の娘さんがいらっしゃるご家庭と分かり、

「折り紙」は日本のものだから、持って行って、何か作ってあげたり教えてあげたりする!


と張り切っていた娘。

そしてこの日は、「今日は、その折り紙を使って遊ぼう!」と思い、張り切って2階へ…。

「わぁー!折り紙だー!凄ーい!」となってくれたお姉さん^^

それに嬉しくもなり、お姉さんに何か折ってあげようと一生懸命に作っていたら…

娘が折っている最中にお姉さんが「パックンチョ」を仕上げてくれていて…

この青いパックンチョがお姉さんが折ってくれたもの。
私と娘、2人で唖然(笑)

「今までこどもが滞在した事がなかった」との事だったので、折り紙遊びをしていないと思ったら…

学校で教わったとか^^;

でも「折れるのはこれだけ!」との事で、あとは折り方を伝えての折り紙タイムになりました。

でも、この時の会話は…、”Like this.” のみで、まだまだ人見知りからの緊張でいっぱいだった娘です^^;

ですが、少しでも会話をしようとする姿勢が見えていたので、「凄いじゃん!」となった私です。

色々と話し始められたきっかけは、コレだった!

ステイ先の娘さんとUNOをしたり、ゲーム性のある積み木遊びをしたり…と色々と遊び始められた娘。

色々なゲームのルールも教えてもらい遊べたけれど、やはりまだどこか緊張した面持ち(笑)

ですが、ある玩具が2人に会話が見え始めたきっかけとなりました!

それは、

ストーリーキューブス


という玩具。



ストーリーキューブスとは、

即興でストーリーを創作して楽しむ、ポケットサイズのお話サイコロ


の事。

我が家では移動時のお遊びアイテムとして活躍してくれているのですが、専ら遊ぶ時は私とのみ。

今回、初めて「こども同士」でやってみる事になった上、「日本語を使ってしまう」という逃げ場がない!

「どうなる???」と見ていたら、思いの外、英語でストーリーを作っていたので、ちょっとビックリ!

お姉さんが、しっかり聞き手役となって、耳を傾けてくれていたからこそ、一生懸命にストーリーを作れたのだとも思います^^

ストーリー作りに躓いたら、「このサイコロを使ってみたら?」とサポートしてくれたり♪

お姉さんがストーリーを作る番の時は、ストーリー作りのヒントももらえるし…^^

2人が遊んでいる風景をみていたら、「渡航時はストーリーキューブス必至!」とすら思えてしまいました(笑)

自宅では見れない姿もみれるし、自然とアウトプットしてるし…。

まぁ、この頃までに少しずつ遊ぶ回数を踏んだ事で得られた「慣れ」もありますが^^

もし、お子さんと親子留学に行かれるご予定あられる方、ストーリーキューブスは持参していきましょう!笑



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................