パンデミック化したコロナウィルスは、バイリンガル子育てを通して育てたいものを一気に試してきた

パンデミック化したコロナウィルスは、バイリンガル子育てを通して育てたいものを一気に試してきた
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

新型コロナウィルス感染症により、いつも通りの生活が出来なくなっている日々。

このウィルスのせいで、「大切な1ページ」を過ごす事ができなかったり「大切な人」を失われてしまった方もいるでしょう。

そんな大変な状況下ですが、色々と子育てにおいてのヒントもくれている機会になっているなぁ…と思う日々です。

そして、これからの時代に必要な力をこの短期間で一気に試されているような時間だなと感じます。

予想していた2030年代のテーマ
『協力』が早速だった。


以前、下記のブログ記事にて

2020年代は『個』がテーマの時代
2030年代は『(ボーダレスに更に)協力』がテーマの時代


になるだろうと書きました。


今回の件は正に、国内が一致団結するだけでなく、海外諸国とも協力して立ち向かう必要がありますものね。

『ワクチン』や『薬の開発』はもちろん、『これ以上広がらないように』していく事も協力。

世界が1つの目標に向かって強く闘っている今。

常に『世界で協力して』というものはありますが、今近々で頑張らなくてはいけないもの。

だからこそ、より真剣に色々と考えながら『世界規模のこと』としっかり捉え、『考え』『行動を起こしていく』ことが今すでに求められています。

海外が発信している情報を「他人事」とは捉えず、『自分事』として捉え、できる事から行動に起こしていく必要があるでしょう。

そういった事がこれからの時代、より一層増えるでしょうから、今はこれからの時代に向けて常に海外の様子を知る事への習慣化を始めてみる機会と捉えてもよいかもですね。

今回のコロナウィルスにより実感した
『しなやかさ 』を育む事。


よくよく言われる事として、

これからの時代は『変化が激しい』


というものがありますね。

テクノロジーの進化等により急速に変化していくこれからの時代。

テクノロジーの進化によって…ではないですが、今回のコロナウィルスの件により、この数ヶ月で色々な事が急速に変化していきました。

・急遽学校休校
・外出自粛により飲食店が経営難に
・急遽テレワーク推奨


と色々と今までと違った状況をこのコロナウィルスによって強いられています。

そんな変化によって求められるのは、『しなやかな』対応力。

色々な課題があり、なかなかとしなやかな対応が難しかったりしますが、これからの時代はそういった事がどんどん当たり前のように諸々の変化と共に求められていくもの。

そんな『しなやかさ』を育んでいく上で求められるのは『発想力』。

『しなやかさ』のもとになる『発想力』は、与えられたものの中では育ちにくいもの。

日々の『余白時間』『主体的に考えて動いた時間』こそがそれを育んでいってくれるものとなるので、『余白時間の確保』と『主体性』を育む事の大切さを改めて教えてくれた機会と捉えたいですね。

情報収集の際に求められる『読解力』


先日、こちらの記事にて『真の読解力』について書きました。


そこでもお伝えしていますが、

求められている読解力は、『複数の情報をいったりきたりしながら特定の情報を見つけ出して関連づけ』させ読み取る力


です。

インターネットから情報を取る世の中だからこそフェイクニュースなどが広がる今の世の中の状態から、それらを見抜くような力を育む事が大切と特に今は国際的に言われています。

今回のコロナウィルスに関連した出来事に関しても、

・トイレットペーパーに関するデマ情報
・今世の中で起きている事を絶対数で見ず、相対数でみる必要性
・例えばマスク2枚の配布では、「なぜ2枚なのか」の本当の部分を知る事


など色々とあります。

表面的な出来事を取るだけでなく、色々な情報を見比べ、『真の情報』に辿り着く力の必要性を今回の出来事で改めて感じますね。

それこそが、これからの時代より求められる『読解力』を育んでいく為に必要な力ですからね。

『読解力』とは有名な小説等を読んで育てていく力とは、もう違うものになっているのです。

ですので、今回の出来事を通して、お子さんと『情報源』を意識しながら、そして『色々な情報と比較』しながら、『あらゆる側面から考え』、自分たちなりの考えを出していく練習をする機会と捉えて過ごされてみてもよいかもですね。

どうして我が子にバイリンガル子育てをしようと思ったのか
を改めて振り返る機会。


今回のコロナウィルスにより、色々と大変な状況になっています。

そんなこの機会は、改めて

なぜバイリンガル子育てを我が子にしてみようと思ったのか


を問い直す、(少し不謹慎な言い方になりますが)とても良い機会でもあるなぁ…と思っています。

きっと、

ただ英語ができればよいのではなく、『グローバル時代に活きるバイリンガル』を育てていきたい


といった思いで始められたと思います^^

だからこそ、より『世の中(世界)』にしっかり目を向け、これからの時代に求められている力を意識しながら子育てをしていくことの必要性を感じられた今回の機会をムダにせず過ごせていけたら…と思っています。

その上で初めて、今触れている『英語』が活きるのですから^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................