カナダ・バンクーバーへの親子留学/小学生留学について対話式で聞けるLINEオープンチャット開設しました。

カナダ・バンクーバーへの親子留学/小学生留学について対話式で聞けるLINEオープンチャット開設しました。
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

2020年夏の『カナダ・バンクーバーへの親子留学/小学生グループ留学』へのお申し込みも続々と頂き始め、ついに2020年の留学プログラムも本格始動し始めています。

今年度は、

『親子留学プログラム』→7月6日(月)〜8月21日(金) がサマープログラム開講期間
(お好きな週にお好きな週数ご参加頂けます。)

『小学生グループ留学』→8月16日(日)〜8月25日(火)
(日本着は翌日26日(水))


がプログラム予定週となります^^

1月から各々のプログラムへのお申し込み開始!


『親子留学』『小学生グループ留学』各々のプログラムへのお申し込みは既に始まっています。

航空券等の兼ね合いもあり、3月までに決めてしまうのが実はベストなのが夏休み留学。

特に

小学生のグループ留学に関しては、2月末が一次申し込みの締め切り


となりますので、ご注意下さいませ^^

とはいえ、

もっと留学に関しての情報を得たい!

留学に関して聞きたい事が色々とある!


などあると思います。

ですのでこの度、『プログラム毎に分けた対話式質問の場』を用意してみました!

LINE オープンチャットで対話式に情報が得られる!


今回、

留学に関して聞きたい事をLINEのオープンチャットで対話式に仕入れられる場を用意


しました!

こちらにて

ご質問頂いた事に関して親子留学では私が、そして小学生グループ留学に関しては主に現地在住現地サポーターの1人である久野さんがお応えして下さる


形となります。

春頃までの『期間限定』のオープンチャットですが、是非ご参加され色々と聞いて下さいね!

こちらでは、「どなたがご参加されたのか」の把握ができないのでご安心下さいませ!

親子留学に関してのオープンチャットはこちら!


親子留学は『5歳〜14歳』までが参加できる、「座学とアクティビティ」のあるプログラム。

バンクーバーにある数ある語学学校でたった1つの、いや、カナダでたった1つの「幼児受け入れ校」。

昨年も年中さんのお子さん、年長さんのお子さんがご参加くださいました^^

そんな『親子留学』に関しての記事は以下となります。


そして親子留学に関してのオープンチャットは、こちらのリンクをクリックされたらご入室できますので是非ご参加くださいませ!

小学生のグループ留学に関しての
オープンチャットはこちら


今年から始まる『小学生グループ留学プログラム』。

こちらは、『個々のレベルに合わせた現地プログラムに参加』するプログラムです。

『現地プログラム』とは

いわゆる現地カナダ人向けのプログラム


の事。

それもあり、夏のカリキュラム、クラスなどは5月以降に決まります。

日本からの子がみんな一緒のクラスではない、お子さんの興味とレベルに合わせた『カスタマイズ』という形で行われます。

小学生プログラムについては、下記の記事をご覧くださいませ!


そして、小学生プログラムについて色々と聞けるオープンチャットはこちらをクリックで入室できます>>>




先にも記載しましたが、どなたが入室されたのかの詳細はこちらで把握する事ができないので、それを元にご連絡を差し上げるなどありませんのでご安心くださいませ^^

また、個別に色々と聞いてみたいという方は、オンラインでのご説明の機会もご用意しておりますので、その際はこちらからお問い合わせくださいませ!



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................