LEGO遊びから、こどものライティング力育てや図形の面積理解を日本語と英語でしたおうち英語なホームスクーリング

LEGO遊びから、こどものライティング力育てや図形の面積理解を日本語と英語でしたおうち英語なホームスクーリング
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

コロナウィルスによる休校期間2週目の2日目。

我が家のホームスクーリングは、安定の『遊びスタート』な感じです(笑)

Day 7: 今日もLEGOからスタートしたホームスクーリング


6日目に続き、この日もスタートはLEGO!

「今日はLEGOをずっとやる!」との宣言どおり、朝からお昼過ぎまでLEGOでした(笑)

この日は、「LEGOで動画を撮る!」とのこと。

『動画撮影』に娘が興味を持ったきっかけは、ウィル・スミスのインスタアカウント!

映画好きな娘にとってウィル・スミスのアカウントも気になるアカウント。

毎回、色々と工夫された動画が投稿されていて、それを機に、「このシーンってどうやって撮っているのだろう?」が映画を見る度に気になるようになっています^^;
(インスタを見るのは時々なのに、強烈なんですよね、毎回の投稿が。笑)

それもあり、自分で色々と試してみたくなったとのこと。

ならば、それを活かして今日も学び時間にしようと過ごした7日目。

「人を惹きつけるストーリーを宜しくね!」と振っておき…(笑)

・どんな場所で出来事なのか
・登場人物はどうするのか
・誰がどうするのか
・ストーリーの流れをどうするのか


などをしつこくならない程度に、さらりと質問!

『ライティング力』の基礎地作りの時間という角度でLEGO遊びに付き合ってみました^^

今日のLEGO時間で、

・想像力
・創造力
・空間認知力
・論理的思考
・表現力


などが刺激できる時間となったでしょう^^

直接英語でふれていなくても、このような時間は英語習得を優位とする脳の器を刺激してくれる時間となるので、侮ることなかれですしね!

LEGOから、算数の図形面積問題へ


以前、娘が『長さ』に敏感だった時にその延長線上として『面積問題』にも触れたことがあり、今回もLEGOから面積問題に発展をさせてみました。

前回面積に触れた時もそうですが、

「公式を覚える」という作業も「九九を覚える」作業も『覚える』ではなく『理解して使う』をしてほしい


と思っており、積木やブロックを都度使い、『概念理解』を促しています。

スキル育てでなく、能力育ての部分を大切にしている感じです。

応用力が効く力もスキル育てではなく、能力育てをした先に…ですからね!

…という事で、前回『面積の出し方の概念』を理解してもらっているのですが、今回はLEGOをその前にやっていた事もあり敢えて一手間加えてもらいました^^

問題が意図している図形を敢えてLEGOで作ってもらい、LEGOを通して

・掛け算の概念も
・図形を求める公式の「そもそも」の概念も


改めて確認していってもらいました。

あまりしつこくお願いするとこどももやらされている感を感じて楽しめなくなるので、最初の1問だけ^^

本人もこちらが切り上げようとしたと同時に「もう無くても解けるから、次からなしで解いていい?」と言ってましたしね(笑)

何事も腹八分目が大事!

因みに今回使ったワークはこちら。



以前、「面積」に触れた時に面積の問題にハマっていたので、「こんなのもあるよ?」と見せたら、「やりたい!」と即答だったので購入しておいたもの。

学校がある時はなんだかんだ触れる時間がなかったので、このタイミングに日の目を見た感じです^^

因みにこちらのワークは、もともと2冊展開になっているのですが、大きさがその2冊と違い大きいので取り組みやすいなぁ…と思い、選んだ感じです。

本人が「もっとやりたい!」と言った時に小さい版を考えていこうと思っています。



届いてから気付いたのですが、このワークはもともと日本のワーク!

それが英語版になったものでした^^

自分バランスが整うと本当にどんどん進む!


自分のペースと、自分の好きから進められるというスタイルのお陰で、普段なかなか積極的に取り組めない『読み』も自ら頑張っている最近です。

毎日1冊以上読むというのは、彼女比では結構凄い事なのです(笑)

普段は、音読の宿題すらまともにできないので^^;

また、「あれもやりたい!これもやりたい!」で、この日はサイエンスワークについているクラフトをひたすら取り組んでいたり。

LEGOで工夫して楽しんだ時間が本人にとって本当に楽しかったようで、サイエンスワークにあるクラフトも自分なりに工夫して色々と付け足しをしていたり…

遊びは必ず学びに繋がる


という事を毎日改めて感じさせられます。

因みに今回娘が使っていたサイエンスワークはこちらです。



ご参考までに…。



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................