2020年度のカナダ・バンクーバーへの親子留学で参加する、サマープログラムの詳細が出ました!

2020年度のカナダ・バンクーバーへの親子留学で参加する、サマープログラムの詳細が出ました!
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

カナダ・バンクーバーへの親子留学では、2020年度は、

7月6日(月)〜8月21日(金) がサマープログラム開講期間


となります。


その2020年度のプログラム詳細が、現地から届きましたので早速シェアさせて頂きますね

バンクーバーへの親子留学先のスクールでの1日は
こんな感じ。


スクールでの1日は、通常ご案内しておりますアクティビティを楽しむコースの場合、

9:00〜17:00までがプログラム時間


となります。

午前中は教室にて学び、午後になったら外に繰り出す感じですね!

1日の大まかなイメージは、スクール側からこのように届いています^^

『英語で学び、英語で楽しむ』、そんな1日です。

教室での学びでは、クラスや担当する先生によって変わってきますが、今まで

・簡単な自分史つくり
・家族構成と各々の役割
・健康的な食べ物とそうでない食べ物


などのテーマを元に教材を使ったり、自分たちで何か作って発表したりをしていましたね。

先にも書かせて頂きましたが、『クラスによって』そして『担当する先生によって』変わってくるので、どんな事を学ぶのかは当日までのお楽しみな感じです^^

2020年度のカナダ・バンクーバー親子留学の
サマープログラムの内容はこんな感じ!


2020年度のサマープログラムの概要も学校側から遂に届きました!

あくまでも『予定』なので変更がかかる事もありますが、大まかな予定はこのような形に2020年度の夏はなるようです^^

【2020年 7月6日〜7月31日】

【2020年 8月3日〜8月21日】

サマープログラムのアクティビティで行くところは
どんなところ?


アクティビティでは、『Vancouver Art Gallery』に行く日もあったり…

カナダプレイスのフライオーバーで、『カナダ全土を4D遊覧体験』しに行く日もあたり…

(画像元:https://www.flyovercanada.com)
『English bay』に遊びに行く日もあったり…

『 Queen Elizabeth Park』の綺麗な自然に触れに行く日もあったり…

『スタンレーパーク』に行って、思いっきり遊んだり、ミニトレインに乗る日もあったり…

『スケート』をしに行く日もあったり…

『シーバス』に乗ってノースバンクーバーに行く日もあったり…

大きな大きな『水族館』に行く日もあったり…

『ギャスタウン』に行ったり…

『ウォーターパーク』に行く日もあったり…

『サイエンスワールド』に行く日もあったり…

…と本当に色々なところに行き、楽しみながら先生たちと一緒にはしゃいで過ごす午後。

1週間の中に1日ある、『Vancouver Public Program』が、現地のこどもたちと一緒に『アート』を楽しんだり『プログラミング』を楽しんだりするプログラムです。

ご参加予定の週には、どんなプログラムがありそうですか?^^

『小学生グループ留学』の現地プログラムに関してはまだまだ発表はされていませんが、そちらも楽しそうな予感です♪

『親子留学』について、そして『小学生グループ留学』について、ご質問等ございまいたら、こちらのお問い合わせフォームよりお問い合わせをお送りくださいませ>>>

オンラインカウンセリングも随時受け付けております^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................