おうち英語のバイリンガル子育てにオススメのYouTubeの活用方法とチャンネルまとめ

おうち英語のバイリンガル子育てにオススメのYouTubeの活用方法とチャンネルまとめ
こんにちは、こどもの個性を活かしグローバル力を育てるバイリンガル子育てコンサルタント、林智代乃です。

今は、こどもに「英語環境」を与えようと思ったら、とても与えやすい時代。

YouTube動画は、その1つだったりしますよね!

Technology photo created by freepik – www.freepik.com
我が家も基本的に『テレビなし育児』ですが、YouTubeなどの動画には時折お世話になっています^^

お世話になる時は、単に与え見させているのではなく、基本的に

・こどもの興味にリンクしたもの
・興味から発展して繋がった学びへの更なる理解を深めるため

 (先に絵本などでたっぷり触れてから映像で確認する流れ)


に利用するといった感じです^^

また、「動画」としてではなく、「耳慣れ目的」としての掛け流し素材として使う事もあります。

こどもの英語教材としての我が家のYouTubeの使い方


こどもの英語教材としてのYouTubeの使い方は、基本的に『こどもが興味を持ったものとリンクづけさせて』といった形。

それは、『学習』だけでなく『趣味』からもですね!

『学習』からのリンクづけの場合


これは既に多くの方がされているであろう事ですが、改めて^^

例えば、こどもが「人体」に興味を持てば「人体」に関するキッズ向けの英語動画を探したり…
「台風」が気になり始めた時は「台風」に関してのキッズ向けの英語動画を探したり…

…とその時の興味関心にあったものを探し見せています。

ただ、ここでのポイントは、『動画から先に入らない』という事。

『絵本』やそのテーマに該当するような『ワーク』があればそのワークなどでよく触れてから、

あくまでも『確認用素材として』動画を導入


するようにしています。
(本当に「説明が難しい!」というものの場合除く)

絵本やワークは『日英問わず』ですが、興味持ったテーマの英語絵本等はなるべく触れられるよう、用意はするようにしています。

動画を確認用素材として使う理由は、

・まず自分の中の「想像力」を使い、自分なりに頭の中で「思考」し情報をまとめる整理をしていく作業をしてもらう為
・動画スタートからは、思いの外吸収率が絵本スタートに比べよくないから


なんですね。

動画を見る前にこどもが絵本等で触れたか否かは
吸収力に差がある


『目と脳』は繋がっており、実は「目」がものを見ているのではなく『脳』がものを見ているのです。

例えば、パニックになると目の前のことが見えなくなるなどありますよね。

その時、脳はパニックになっている事柄に集中しているので、「何かを見よう」としていないから、目から情報が入ってこないのです。

そう、「目」はただ情報を収集するだけの器官なんですね。

また、人は『知っている』『認知した』情報に対して興味を持つものです。

ですので、動画視聴でいえば

『脳が見たい』と思っている状態にしておくことで初めて意味ある情報になるからこそ、『知っている!』の興味からのスタートの方が効果が高い


のです^^

YouTube動画を見せずに『掛け流し教材』の1つとして利用


先にも書きましたが、こどもが興味を持ったテーマに関して『絵本』や『本』から入っています。

ただ、テーマによっては『聞きなれない長めのワード』が出てきたりするもの。

難しそうな長めのワードなどが出てくると、

・「なんか難しそう」と感じてしまいがち
・自力で読もうとした時に、読みづらくてちょっとイヤになってしまったり


する事もあったり。

我が家の娘は、「読む」事に対しての積極性が特別ないので特にですね^^;

その為、そのテーマに関するワードを『聞きなれた』状態にしておく事を目的として、掛け流しをしていたりします。

ある程度掛け流しをしておくと、『なんか知っている』語ができるので、絵本や本などへの向き合い方も変わってくるんですよね。

また、更に効果を狙い我が家では

先ずは敢えて、『歌』にしてくれている動画を探し、それをかけ流す


ようにしています。

リズムあるものへの吸収力・記憶力は良い


人は『リズムあるもの』の方への記憶の定着がとてもよいもの。

その代表として、日本で言えば、「短歌や俳句」のようにリズムに乗せたものは覚え易かったりしますよね。

また、『言語はリズム学習』なので、リズムあるものに触れ、英語習得をしていくことはとっても近道でもあるのです。

Music photo created by freepik – www.freepik.com
そして何よりも歌を通してふれていくと、

こどもの口ずさみがみられる


ので、アウトプットにもなるんですよね^^

もちろん、声に出してアウトプットする子、脳内でアウトプットする子とこどもの性格により様々なので、皆がみな英語を聞かせてくれるわけではないですが^^

意外と『(知りたいテーマ) for kids song』と入れると、歌となっているものも多かったりするものです^^

我が家はこどもが本当に小さい時は、三輪車にハマれば “tricycle song” と検索をかけたりし、テーマにあった英語歌をかけ流していたりしていましたよ♪

おうち英語のバイリンガル子育てにおすすめのYouTube動画チャンネル


我が家が実際よく利用しているチャンネルをご紹介しますね!

完結に教えてくれるこども向け英語学習チャンネル


『理科的』な話、『社会的』な話などの学習的な内容をこども向けに完結に伝えてくれるチャンネル。

気になるテーマを調べると大抵のものはこのチャンネルにあったりします^^



チャンネルページはこちら>>>

こどもに英語でも学んで欲しいものの殆どが
『歌』になっているチャンネル


こどもに英語でも学んで欲しいと思う

・理科的なもの
・地理に関するもの
・算数的知識
・偉人に関するもの


を歌にしてくれているチャンネル。

結構、難しいテーマも歌にしてくれているので、「こんなの欲しかった!」がある感じで重宝しています。



チャンネルページはこちら>>>

偉人などについてラップ調で学べるチャンネル


こちらのチャンネルは、上記のように「理科的なもの」や「社会的なもの」について歌にしてくれているチャンネル。

特に『偉人』についての歌が多くあるのが特徴ですね!

また、上記でご紹介したkids learning tube にはない歌が収録されていたりもするので、そこも有難いです^^



チャンネルページはこちら>>>

格好いい曲調の英語歌で難しい理科的内容をこどもに教えてくれるチャンネル


こちらの『理科的』なこと『偉人』に関するものなどを歌にしてくれているチャンネル。

曲調がちょっと格好いい感じで且つ、結構難しい内容も歌にしてくれています^^




チャンネルページはこちら>>>

ホームスクーリング用の学習チャンネル


ホームスクーリング用に作られたチャンネルなので、一通りのことが学べる内容となっています^^

「動物」や「虫」についてなど、種類別などに動画が用意されているので、『復習用動画』として結構使えるコンテンツが何気にいっぱいなチャンネルです。



チャンネルページはこちら>>>

ギフテッド・タレンティッド向けに作られた学習チャンネル


タイトルにもありますように、「ギフテッド」や「タレンティッド」の子向けに作られた学習チャンネル。

そんなチャンネルですが、普通に『わかりやすく』『見やすい』チャンネルです。

文法の説明などもわかりやすいので、おうち英語にはもってこいなチャンネルです^^



チャンネルページはこちら>>>



動画との上手な付き合い方がわかれば、あとは我が子の興味に合わせてうまく各々のチャンネルを活用するだけ!

結構おうちで上手に英語での学びをすることって可能なので、そう考えるとワクワクしちゃいますね♪

因みにこちらの教材も「理科」「算数」「社会」「国語」をテーマにしている教材なんですよ^^



.....................................................................................................................................................................................................
※当ブログのすべての文章は著作権法により保護されています。
ブログ・インスタ・Twitter・Facebookなどの各種SNS、メディアへの引用・転載は可能ですが、 必ず引用元を明記の上、
https://hayashichiyono.com
へのリンクをお願い致します。

なお、商用サイトへの転載・引用は不可となっております。
当ブログへのリンクなしで転載されているもには、法的処置を取らせて頂きますのでどうぞご了承くださいませ。
...........................................................................................................................................................................................................